光藓

由此看来世间万物皆无稳固维系之根基,即,万事无常。

"很遗憾,并不存在。"

同名文BGM。本来想完结放出,不过那个应该不会完结了。正好今天翻译了歌词。复制一下在网易云的评论:“歌词翻译已提交。然而我的水平太差劲了…尽管努力使其准确通顺,仍然无法满意。无法好好表达歌曲原本的意思。……很难过。如果有谁发现谬误麻烦指正,十分感谢。”就是这样,自己的翻译看起来很蠢。然而并没有厉害的人去翻译,尽管应该存在谬误,聊胜于无吧。正好4月13这个日期我很喜欢。与上传网易云音乐的是同一版本,反正翻译者是自己,不需要授权。


真冷门,明明好听。在国外也是这样么。不知道,也没有知道的必要。





錆びたアーケードの空と一番街の淵

生锈拱廊穿过的天空与一号街的深渊


思考を止めて歩いた

于其中停止思考而行走着


首は断たれて動かすべき体の無いまま

脖颈已断 身体仍然无法活动 就这样


指先へ信号を送り続けた

向指尖持续发送着信号


ガラスに映った顔が分からない

玻璃中映出的脸并不分明


連れて行こうと引いていたはずの手もすり抜けて

说着带你走吧而应牵起的手也擦过错失


曇ったままじゃ見失うはずだと分かっていたのに

明知阴云如此 理应迷失


二番街の尻尾まで 行く手を遮るものはない

直到二号街的尽头 毫无遮阻去路之物


ディスプレイの退屈が羨んではこちらを眺めてる

显示器的无聊 羡慕地向这边眺望着


横道のモグラがつられて這い出した

岔道的鼹鼠 受到影响爬行而出


メイン通りを闊歩してはじめてあげる声は

大步行于主街 初次高声


デッドエンドへ響いて罅を入れる

响至末路 渗入罅隙


いつか終わりが来ても構わないけど

尽管终结总会来临 虽然毫无所谓


今日は嫌だった

曾经厌恶今日啊


ガラスに映った君が分からない

玻璃中映出的你并不知晓


この先しか行ける所が無いと言うなら

如若说这前方并无可去之处的话


その日一日を生き永らえさせた

那样日复一日 被延长生命


あの歌を覚えているなら

能够忆起那首歌的话


何が君を泣かせないんだ

为什么你不哭泣啊


何が君を泣かせないんだ

为什么你不哭泣啊


何を

是什么


何を眺めて涙したんだ

眺望着什么而流泪啊


何が誰に探されたいんだ

为谁寻找着什么啊


何が誰に探されたいんだ

为谁寻找着什么啊


何を

是什么


何を考えているんだ

在思考着什么啊


今日という一日を生き永らえさせてくれた

名为今日的一日  将生命延长


あの歌なら覚えている

如若是那首歌 就能够忆起




评论(1)

© 光藓 | Powered by LOFTER